Search

Archive for 12月, 2012

肝斑の原因と予防策について

金曜日, 12月 7th, 2012

顔にできるシミにはいろいろな種類がありますが、日本の女性に多い淡褐色の肝斑は、両頬や額、下あご、鼻の下などに左右対称に現れるのが特徴です。30歳以上の女性に多く見られますが、原因は色々考えられます。妊娠中や出産後、更年期の頃に現れます。肌のタイプにもよりますが、急に色が濃くなったり、少しずつ消えてしまうこともあります。

肝斑は女性ホルモンの影響や紫外線の刺激が原因で現れますが、家事や育児、仕事などのストレスが原因になることもあります。他のシミと同じように肝斑の予防も日頃から紫外線対策をすることが大切です。肌は1年間を通して紫外線の影響を受けるので、屋外ではUV効果のあるクリームやローション、BBクリームでお肌の保護をしましょう。

サングラスや日傘、帽子などもUV効果があるので利用しましょう。屋内でも紫外線の影響を受けるのでUVケアをした方が安心です。ストレスが溜まったり寝不足になると女性ホルモンのバランスが崩れてシミができやすくなります。ストレスケアをして規則的な生活を心がけましょう。

日頃のスキンケアも大切ですが、洗顔方法やフェイスマッサージのやり方を間違えると肌に負担をかけてしまうので注意しましょう。できるだけ肌に刺激を与えないようにすることが大切です。